広忠寺



岡崎市桑谷町堀切

永禄5年(1562)家康が、非業の死を遂げた
父・広忠の菩提を弔うため創建した寺。
家康と同じ年の同じ日に生まれた異母弟が住職
になり、母のお久とともに広忠の供養に勤めた。
境内にお久、広忠、忠政(広忠とお久の子)の墓がある。









戻る