平塚為広


平塚為広の碑
平塚為広の碑
岐阜県不破郡関ヶ原町

合戦当時垂井城主だった為広は、吉継
と親しかったため大谷隊に加わる。

垂井城跡
垂井城跡
岐阜県不破郡垂井
平塚・戸田両隊の小早川隊との勇戦振りは目覚しか
ったが、脇坂らの背反が加わり、味方の潰滅を見極
めた為広は、辞世の句を打ち取った首に添えて
吉継に届けさせると、藤川台の露と消えた。
それを碑裏に留めたのは子孫定ニ郎である。

平塚為広の辞世の句         
名の為に捨つる命はおしからじ
       ついにとまらぬ浮世と思へば

大谷吉継の返歌(辞世の句)     
        契りあれば六つの衢(ちまた)に待てしばし
      遅れ先立つことはありとも


戻る