平手政秀


信長の教育係は次席家老平手政秀であった。
政秀は茶湯や連歌などを嗜む、インテリで粋人
の老人である。しかし信長は、政秀の正反対の
行動をとっている。行儀もひどく、領民も「大う
つけ」と嘆いている。政秀は、信長を根気よく諭し
諌めてきたが、信秀の死後、織田家の前途を
悲観して自刃。(自刃の理由は諸説ある。)

政秀寺
  

名古屋市中区栄3
1553年信長の守役・平手政秀自殺
(平手正秀:特に、信長と斎藤道三の娘との
         結婚では調整役として活躍する)


平手政秀邸址

平手政秀邸址
名古屋市北区平手町・志賀公園内

平手政秀墓碑


名古屋市千種区・平和公園

東雲寺

名古屋市西区上小田井・東雲寺

平手政秀の首塚があるとパンフにあるも見つける
ことは出来ませんでした。とても残念!


長福寺

稲沢市平和町(長福寺)

信長の為に諫死した平手政秀の子孫が
当寺を菩提寺とし、中興大檀那となった。
政秀の孫(子の説もある)の汎秀の墓碑
が平手政秀の石碑前に置かれている

汎秀の墓碑

稲沢市平和町(長福寺)

織田信長の出生地の勝幡城のすぐ近くに寺がある。

戻る