日野城



滋賀県蒲生郡日野町





中野城址
日本史上で日野城と呼ばれているこの城は、
日野では古くから中野城と称しており、鎌倉
時代の初期から約400年間における日野
の領主蒲生家6万石の最後の本城であった。
東方音羽の城山に蒲生家の音羽城があった
文亀大永の頃(1501〜1523)に、この地に砦が
造られたのが初めであり、その後、蒲生定秀が
当主の頃天文2年(1533)から3年にかけて本格的
に築城され、同時にこの城の西側一帯の荒野に
町割りをして日野の城下町をつくった。
蒲生定秀の孫に当る蒲生氏郷は
この城で弘治2年(1556)に生れた。
氏郷26歳の天正10年に本能寺の変で織田信長が
憤死した時、安土城にいた信長の愛妾一族を
この城へ迎え入れ、明智光秀の軍を迎え撃とう
としたことは有名である。天正12年豊臣秀吉の
命によって蒲生氏郷が伊勢松ケ島へ国替えとなり、
52年間にわたる中野城と城下町繁栄の歴史は
幕を閉じた。その後、氏郷は松阪城12万石
城主から天正18年会津黒川城42万石に移封され、
黒川を若松と改め92万7千石の大名となったが、
文禄4年40歳の若さで京都邸に於て病没した。
徳川時代に入って天和6年(1620)市橋長政
が中野城址へ仁正寺藩1万8千石の陣屋を構え、
明治維新まで藩主となった。
昭和40年日野川ダムの造成によって土塁など
はこわされたが、本丸と堀の一部が残され、
現在では涼橋神社と稲荷神社の石垣にその
名残を留めている。地名を古城という。






蒲生氏郷公産湯の井戸



戻る