日暮しの庭




石の基盤
晩秋紅葉を賞でている間に思わず終日を過ごして
しまったという「日暮の庭」に今なお残るこの
石の基盤は、その昔豊太閤がこれを囲んで
心ゆくまで一日の清遊を楽しんだといわれる。




神戸市北区有馬町

旧瑞宝寺の山門

神戸市北区有馬町

明治初年(1868)京都の伏見城から
移築した旧瑞宝寺の山門。



戻る