東広瀬城



豊田市東広瀬町





伝承では興国5年(1344)矢作川を天然の要塞として
当地の豪族・児島高徳が築城したといわれる。
11代目の三宅高清が織田方についたため永禄
3年(1560)松平元康(家康)に攻められ落城した。





戻る