豊国神社


豊国神社

京都市

豊臣秀吉を祀り、一般に「ホウコクさん」の
呼称で人々に親しまれている神社である。
慶長3年(1598)に63歳で亡くなった秀吉は、
後陽成天皇より正一位の神階と豊国大明神の
神号を賜り、遺骸は、遺命により阿弥陀ヶ峰
の中腹に葬られた。また、その麓には、廟社
が造営され、その偉観は豊国祭礼図屏風(重
要文化財)にも描かれており、壮観を極めた。
しかし、豊臣氏の滅亡後、その廟社は徳川幕府
により取り壊され、秀吉の御霊は新日吉神社に
移された。その後、明治13年(1880)に当地に
社殿が再建され、別格官幣社として復興された。
また、廟についても、阿弥陀ヶ峰の頂上に再建された。
唐門(国宝)は伏見城の遺構と伝え、二条城から
南禅寺の金地院を経て、ここに移築されたもので、
その両脇の石灯籠は、秀吉恩顧の大名が奉献
したものである。



目の前に耳塚がある。



豊国神社
豊国神社

豊国神社
滋賀県長浜市

豊国神社
豊国神社
名古屋市中村区中村町

他に京都や長浜などあちらこちらに豊国神社が
存在する。墓所よりも神として祀られている場所
が多いようである。                 


豊国神社



大阪市中央区


戻る