平城宮



奈良市佐紀町

710(和銅3)年、飛鳥に近い藤原京から奈良盆地
北部のこの地に都が移された。大路小路が碁盤
目状に通る平城京の人口は、10万人とも20万人
ともいわれている。平城京の中央北端に位置する
平城宮は南北1km、東西約1.3kmの大きさで、
天皇の住まいである内裏、政治や儀式をとり
おこなう宮殿、さまざまな役所、宴会の場となる
庭園などが設けられていた。都は784(延暦3)年に
長岡京へ、さらにその10年後には平安京へと移り、
平城京も宮もしだいに土の中に埋もれていった。
現在、平城宮跡は特別史跡として大切に保存され、
奈良国立文化財研究所が発掘調査を続けている。
これまでの調査の結果、平城宮は四角形では
なく、東側に張出し部をともなっていたことや、政治
の中心・施設である大極殿と朝院の区画が東西
2ヶ所あったことなどが明らかになっている。こうした
成果にもとづき、遺跡の復原・表示をおこなっている。

朱雀門


朱雀門は平城宮の正面。朱雀とは南を守る中国の
伝説上の鳥をいう。第一次朝堂院の南方、平城宮
南面中央に位置する。東西約25m南北約10mの
大きさで、基壇上に建ち、屋根は二重で入母屋造り。
他の宮城諸門よりひとまわり大きく立派である。
門前の広場は、元旦のお祝いなど儀式の場
として用いた。朱雀門から南へ延びる道路は
朱雀大路。平城京のメインストリートで幅は
約70m、平城京の正面玄関羅城門間で続く。

兵部省


ここは兵部省の跡。兵部省は奈良時代の官庁の
一つで、兵士、兵器、軍事施設の管理や武官の
人事を担当していた。壬生門北の広場をはさんで
東側の式部省(文官の人事を担当)と対称の位置
関係にある。約74m四方の敷地内には、立派な
礎石建物8棟が整然と建ちならんでいた。建物の
中では、帳簿の管理や勤務評定などの事務を
とり、外の広場では儀式などをおこなった。地面
から1.2mの高さで建物を切った状況で復原した。


二条大路と壬生門




二条大路は、幅約35mで、朱雀大路につぐ規模をもち、
平城宮南辺を東西に通る平城宮の正門の朱雀門、
南面東門の壬生門、南面西門の若犬養門は、この
大路に面して開いていた。奈良時代の後半になると、
壬生門が朱雀門にかわって実質的には平城宮の
正門として機能するようになる。二条大路の南の
地域は、宮城外の役所などとして利用され、平城宮に
準じた重要な地域であったことがわかってきた。

第一次大極殿と朝堂院


大極殿と朝堂院は、平城宮の中でも最も重要な場所
である。国にの政策を決め、元日や節句の儀式をお
こない、外国の施設をもてなす宴会が行なわれたり
した。このとき、天皇がすわる建物が、北はしの高い
ところにある大極殿で、臣下は南の朝堂院にならんだ。
平城宮には2つの大極殿と朝堂院があった。西側の
ものは第一次大極殿、朝堂院と呼ばれており、奈良
時代前半のものである。奈良時代後半には、東側に
第二次大極殿、朝堂院が建設され、第一次
朝堂院は宴会の場所になったようである。

宮内省の復原建物


内裏東側のこの一画で見つかった建物郡は、天皇家
のための仕事をする宮内省関係の役所とみられている。
築地塀で囲まれた東西約50m、南北約90mの区画の
中には、瓦葺の正殿を中心に桧皮葺の脇殿や倉庫
など6棟があった。ここでは、発掘調査の成果をもとに、
現在残っている奈良時代の建物の姿かたちを参考に、
門、築地塀、建物を復原している。復原にあたっては、
できるだけ当時の工法を用いた。

戻る