林弥七郎


浮野合戦場址

一宮市千秋町浮野

豊臣秀吉の御台所ねねの父である林弥七郎は、
一宮市浅野村の住人で、信安の家臣のうちで随一
の弓の名手であったが、旧知の間がらである鉄砲
の名手橋本一色(信長の鉄砲指南役)とわたり合い、
鉄砲と弓で相打ちとなって双方共に討ち死にをした。




戻る