蜂須賀家正・至鎮


                  小折の生駒家の近くに蜂須賀家屋敷がある。

                       蜂須賀家屋敷跡
               
                      
愛知県江南市宮後町

                関ヶ原の戦いの時、生駒家と蜂須賀家は似たような
                行動をとっているのである。

                1585年、蜂須賀小六の嫡子・家正、徳島城主(17万
                石)となる。

                関ヶ原になって、家政は阿波一国を豊臣家に返上し、
                高野山にのぼり、子・至鎮は東軍に参加するのである。
                戦後、至鎮にあらためて、阿波一国が与えられている。
                以後徳島城主として明治に至っている。
                
                

                             曼陀羅寺
                 
                           江南市前飛保町

                            曼陀羅寺正堂
                 

                 国重要文化財。寛永9年(1632)阿波國守蜂須賀
                 家政が幼時、本誓院に学んだ縁により寄進したもの


                             戻る