羽柴秀勝

豊臣秀勝公廟
豊臣秀勝公廟
滋賀県長浜市大宮町

妙法寺の案内書によると
1、元、小谷城下の長尾寺という天台寺という天台
寺院であったが、天文年間、時の住僧が日蓮宗に
改宗した。小谷城の浅井氏滅亡後、天正元年羽柴
秀吉公長浜築城の折り、当寺もこの地に移った。
2、その頃秀吉公が男子の誕生を祝い町民に砂金
をふるまった。これが長浜曳山祭りの起源という。



3.天正4年10月14日秀吉公の長男秀勝公が夭逝
し当寺に葬られた。本光院朝覚居士。端正な顔立
ちの絵像が伝わっていた。その御廟所が旧境内地
の東奥にあったが、飛び地のため、平成14年度境
内に移転した。旧墳墓地から大名様式の「石囲い
箱棺墓」が出土し、秀勝公の実在が裏付けられた。
その題目笠塔婆と石囲い箱棺墓は、平成16年長浜
市文化財の指定答申を受けた。           


豊臣秀頼以外に実子がいたとは。教科書には載ってな
かったと思うが。歴史とは興味深いことが多いですね。


妙法寺
妙法寺
滋賀県長浜市



戻る