関ヶ原反応軍

 関ヶ原の戦いでは最初西軍につき、小早川秀秋の時に一緒に
寝返った武将は、脇坂安治朽木元綱小川祐忠、赤座吉家
である。しかし、小川家、赤座家は改易された。
一人ひとり簡単に見てみたいと思います。

         
     小早川秀秋陣跡
     
                松尾山の頂き
朽木元綱
1529〜1632。初め足利義昭に仕え、この頃は浅井氏に属する。
信長の金ヶ崎の時は、浅井氏に背き、信長を京都に逃がしてい
る。(1570年朽木越)その後、豊臣秀吉に仕える。
関ケ原の戦いでは西軍に属したが、決戦の最中に寝返る。
元綱3男、稙綱(1605〜1660)は、1618年将軍家光に召しださ
れ仕える。
朽木稙昌は、光秀の御霊を常照寺に勧招し供養をあげた。その後
四代稙治の時代に、町民から光秀を称える連署が届けられる。
「福知山が立派な城下町になったのは、光秀公のお陰だ。その御霊
をお祀りし感謝のお祭りをさせてもらいたい。」これを受けて稙治は、
祭りを行うことを許可する。
城下の宇気母智神を祀った宮に、光秀の御霊を合祀して「御霊神社」
と唱え、現在に至る。

 *光秀も足利義昭に仕える。

 御霊神社
 所在地 京都府福知山市西中ノ町
 場所的にも福知山駅から徒歩約10分のところにあり、光秀の功績を
称えていることが実感できる。

     

小川祐忠
?〜1601。土佐守。伊予国府領主。近江出身ではじめ織田信長に
仕え、1582年、明智光秀の反乱に加わり山崎の合戦に出陣
光秀敗滅後は柴田勝家に属して勝家の養子勝豊の家老を務めた。
関ケ原の戦いでは、東軍に寝返って平塚為広を討つ功を挙げるが、
戦後その行動は認められず、所領は没収


       二條陣屋(重要文化財小川家住宅)
    
               京都市中京区

    豊臣秀吉に仕えた伊予今治(現在の愛媛県)7万石の
    城主となった小川土佐守祐忠は、関ヶ原の合戦に
    敗れて出家し、その長男千橘が、萬屋平右衛門と
    名乗って、この地で米穀商、両替商及び木楽屋を業とした。
    この建物は、その住宅として寛文10年(1670)頃に創建
    されたものである。当家は、二条城や京都所司代に仕候
    する中小大名の陣屋として、また京都町奉行所の公事宿
    として利用されたので、隠し階段や武者隠しなど、大名の
    身辺警護のための特殊な構造、設備が施され、更に類焼
    防止の工夫も多い。建築様式は、数奇屋式住宅で、
    極めて繊細優美であり、建築学的価値も非常に高い
    とされている。昭和19年(1944)に、数奇屋式住宅、
    陣屋式建築、防火建築の三点から、当時の国宝
    保存法に基づく国宝に指定され、昭和25年、
    文化財保護法により重要文化財に指定されている。

    


赤座吉家
?〜1606。従五位下備後守。越前今庄領主。吉家は織田信長・
豊臣秀吉に仕えて本領を安堵され、1590年、小田原征伐に従軍して
武蔵岩槻城・忍城攻めに功があり、加増されて2万石を領有した。
1598年、小早川秀秋が秀吉の不興を買って一時的に越前に移封され
た時その与力を務めていた。
関ヶ原の役では、秀秋に続いて東軍に寝返ったが、家康はその功
を認めず、戦後吉家は所領を没収された。翌年、加賀の前田利長
に召し出されて7000石を与えられ、松任城の守将となる。




                  戻る