花の生涯記念碑




世情騒然たる幕末に、開国の英断を下した大老の
井伊直弼の波乱に富んだ一生を描いた小説「花の生涯」
(作者舟橋聖一)が発表され、人々に深い感銘を与え、
映画、演劇として、また、特にNHKテレビドラマを通じて
、世の絶賛を博し、「花の生涯」ブームをもたらした。
このことを記念して、昭和39年10月25日に建立された。
中央の四角い石を大老井伊直弼にみなし、左右の低い
石を長野主膳と村山たか女とし、キラキラと輝く砂は雪を
あらわし、波乱にみちた「花の生涯」を物語っている。



戻る