萩原宿

美濃路と巡見街道の交差点



一宮市萩原町


一宮市萩原町萩原

萩原商店街


萩原宿問屋場跡

萩原宿問屋場跡
美濃路は、東海道の宮宿と中山道の垂井宿を結ぶ
幕府道中奉行支配下の近世道路交通上重要な道
路であった。萩原宿は、名古屋・清洲・稲葉・萩原・
起・墨俣・大垣の七宿の真中に位置する。問屋は
人馬の継ぎ立てを一切を司る宿役人の長で家の
一部分を業務の扱い場(問屋場)とした。当宿場に
は上と下の二名の問屋が原則として交替でつ
とめていた。ここは上の問屋場跡である。

萩原宿本陣跡


戻る