蜂須賀小六


出合之像

愛知県岡崎市矢作橋

         
秀吉と小六が出会ったという。        


四国征伐で功があったので、豊臣秀吉は蜂須賀
小六に与えようとするが、固辞し、長男家政に与
えられる。関ヶ原のとき、家正は阿波一国を豊臣
家に返上する。しかし、長男の至鎮に家臣を預け
東軍に参加させている。関ヶ原の戦い後、至鎮に
改めて、阿波一国が与えられている。

蜂須賀小六宅址

愛知県海部郡美和町蜂須賀

蜂須賀城は蜂須賀氏代々の居城で、正勝もこの
城で生まれましたが、織田信秀のときにこの城を
追われたと言われている。






蜂須賀城趾

愛知県海部郡美和町蜂須賀

蓮華寺

愛知県海部郡美和町蜂須賀



蜂須賀小六・家政父子の合同墓

蓮華寺
の裏山にある

蜂須賀家屋敷跡

愛知県江南市宮後町
天文年間の後半、蜂須賀小六は母が安井の娘であったので、 
故あって母の在所に住むことになり、木曽川の川並を支配した。
尾張国地名考に宮後村は「この村に蜂須賀小六の屋敷跡あり」
と記し、昭和43年頃までは「小六屋敷」といわれ、外堀、古井戸
も残っていたが、都市化の波に抗しきれず、跡もない。
     


生駒氏の邸址

愛知県江南市小折町
信長の側室・吉乃の生駒家が小六屋敷の近くにある。

曼陀羅寺

江南市前飛保町

曼陀羅寺正堂


国重要文化財。寛永9年(1632)阿波國守蜂須賀
家政が幼時、本誓院に学んだ縁により寄進したもの

蜂須賀・前野氏をはじめ郷土の武将たち

江南市歴史民族資料館

蜂須賀正勝公画像

美和町歴史民俗資料館

戻る