御油宿






御油宿と御油の松並木周辺
御油宿は、慶長6年(1601)徳川家康によって、東海道
に宿場制が定められ、東海道五十三次の第35番目の
宿場として繁栄しました。ここからの東の、かって上五井、
中上町、仲町、横町、茶屋町と呼ばれたこの通りぞいに
は、今でも宿場町の面影を残す旧家がみられます。また、
この御油宿と隣の赤坂宿との間には、慶長9年(1604)
に整備された御油の松並木があります。昭和19年には
国の天然記念物に指定され、「日本の名松百選」にも
選ばれています。              (案内板より)












高札場跡


高札とは、江戸時代に代官所が町民や旅人に
諸規則を知らせるため設置した掲示板です。
御油宿では、ここの場所に高札が立てられていた。

御油一里塚跡




戻る