河田渡河戦



川島町

河田渡河戦
慶長5年(1600)関ヶ原合戦の前哨戦というべき岐阜城
攻撃の緒戦が木曽川を挟んで開始され、川島町はその
古戦場となった。東軍(徳川家康)の池田輝政を先鋒と
する浅野幸長、山内一豊、一柳直盛等一万八千の一隊
は、木曽川の河田を渡り越え、新加納を経て岐阜に向
かう策戦をたてた。一方、西軍(豊臣方)に属する岐阜
城主織田秀信は、戦いの先頭にたち、木造具政・百々
綱家・川瀬左馬助等二千三百人を新加納と米野の間
に配置し、敵を待ち伏せた。8月22日、東軍の池田
輝政は前進命令を下し、中洲小屋場島に陣をはった。
里伝えに、池田輝政が漁人の小屋から敵状をうかがい、
旗を立てたということから「旗立松」と名付けられた老樹
があったが、今は数本しかない。敵兵の小勢を知った
東軍は、まだ夜の明けない内に一柳直盛を先頭に、
渡河戦を激戦展開(河田渡河戦という)付近一帯は
阿修羅場と化した。西軍岐阜城兵は、鉄砲隊の
奇襲策戦に、よく奮戦したが、遂に敗退、勢いに
乗った東軍は明くる23日、岐阜城を陥落させた。




戻る