河渡宿



岐阜市河渡

馬頭観世音菩薩






中央の一番高い山に岐阜城がある。



松下神社


中山道河渡宿は、東に長良川、西南に糸貫川、
北に根尾川があり、土地も低く、白雨雪舞の折
には泥沼となった。特に文化12年6月には、未曾有
の洪水にみまわれ、このままでは宿も絶えるのでは
と時の代官松下内匠が、宿中を五尺あまり土盛
そして、その上に家屋を改築し、文化15年に工事を
完成させた。この功績に村人は、松下神社を建立し、
碑を刻んで感謝した。碑は太平洋戦争の戦災で
焼こわれ、今は一部しか残っていない。

中山道河渡宿
江戸時代、江戸と京都を結ぶ重要な街道として
中山道が整備され69の宿場が設けられた。
河渡宿は江戸から106里27町、55番目の宿場
であった。加納宿へ一里半、美江寺宿へは
一里六町を隔て、長良川の渡しを東に臨み、
大名行列や旅人が往来宿泊して大いに繁栄
した。ここはかって一里塚のあった場所である。
塚は道の両側に夫々あり榎が植えられて、
塚の大きさは五間四方であった。



杵築神社




戻る