獄門畷



浜松市北区細江町

永禄3年(1560)の桶狭間の戦いで、今川義元が戦
死した後、徳川家康の遠州侵攻を防ごうと、気賀の
人々は、領主の今川氏のため堀川城を造り、最後ま
で戦った。堀川城趾は、ここから南へ600m程にある。
永禄12年(1569)3月27日、堀川城に2千人の男女が
立てこもり、3千人の家康軍に攻められて、落城した
いわれる。大久保彦左衛門の記録に「男女共になで
切りにした」とある。そしてその後に捕らえられた約
700人の人々も同年9月9日にこの付近で首を打たれ
た。その首をこの小川に沿った土手にさらされたので
、「ごくもんなわて」といわれるようになった。




戻る