御器所西城址


                   

                   
                        名古屋市昭和区御器所
                            尾陽神社
                 尾張藩祖義直と14代慶勝をと祀る社で、大正11
                 年(1922)6月名古屋開府300年を記念して創建さ
                 れた。
                 昭和24年9月、更に天照大神を主祭神として合祀
                 した。
                 この地は嘉吉年間(1441〜1444)のころ佐久間美
                 作守家勝が築城した御器所西城跡であるといわ
                 れる。
                 四方に堀を構え、土居を巡らし北は断崖に臨む要
                 害であった。
                 現在は一部空堀が残っている。

                       豊臣秀吉母宅址
                 豊臣秀吉母宅址

                 
                        
名古屋市昭和区御器所3

                         佐久間燈籠
                

                 境内の「佐久間燈篭」。御器所城の城主の四男、
                 佐久間勝之が海上で台風に遭遇した際、守護を
                 祈り無事だったので寄進した大燈篭。高さ8.25m
                 と巨大な灯篭。

                
                             熱田神宮

               
歩いて数分の所に豊臣秀吉母宅址がある
              
 (1513生、1592没)何らかの関係があったのだろうか。


                                 戻る