御器所八幡宮



名古屋市昭和区

創建は不明だが、1441年の棟札には「八所大明神」
の文字。織田信長の家臣・佐久間美作守勝家が
庇護し、武運長久を祈願。徳川家康も長久手合戦
の前に立ち寄り、戦勝祈願したと伝えられている。
八幡宮とあらたまったのは江戸時代だが、今も地域
の総鎮守にかわりはない。 中日新聞(H20.6.7)






戻る