江川一里塚



名古屋市西区城西2

江川一里塚跡
美濃路は1602年開かれ、東海道と中山道をつなぐ街道
として重要な役割を果たしてきた。東海道熱田宿から中
山道垂井宿まで、その間に六つの宿場町があった。
江川一里塚は熱田宿から二つ目の一里塚。このあた
りにあったと伝えられるが、今は何も残っていない。
関ヶ原の合戦のおり、徳川家康は、整備される前のこの街道
を通って清洲城へ入り、岐阜を経て関ヶ原へ向かった。





戻る