土田城


                   

                                土田城
                   鎌倉時代の功臣、近江の佐々木義詮の末裔・山内
                   秀久が土田に移り、大炊戸渡しの利権を握り近隣に
                   勢力をのばし、土地名の土田氏を名乗る。かねて親
                   交のあった丹羽郡小析の土豪、生駒家広の娘を妻と
                   した。長子泰久出世後、家広と秀久は不和となり、妻
                   と離別。家広宅で出生したが次子政久(後の土田城
                   主)。成人した政久は主君(岩倉城主織田伊勢守信
                   安)に仕え、信安の密命を受け、土田に帰り、岩山に
                   築城し、以後、生駒氏を名乗る。
                   この地は尾張道、木曽路の入口の位置にある重要
                   な要衝の地で、伊勢守信安が尾張を守る防衛線の
                   出鼻城であり、これを守る任務が土田生駒氏の土田
                   城である。
                                        (案内標示より)

                   土田氏は明智氏の家臣であったともいわれ、また、
                   織田信長の正室「濃姫」の母「小見の方」は明智家の
                   女性であり、明智・土田両家なしには織田家を語る
                   ことができない。

                   
                             岐阜県可児市土田

                               土田城 
                   織田信長の母土田御前の出生地。


                   


                                戻る