菩提山城



岐阜県不破郡重井町岩手

菩提山城説明図
別名を岩手城ともいい、伊吹山を背にして
標高402m、西は明神山を経て伊吹山系に続き、
山頂の自然を巧みに利用し、七つの曲輪と十指に
余る小削平地、二つの大堀切、七条の堅濠および
空濠からなる大規模なものである。戦国乱世の頃、
岩手氏(岩手弾正左衛門頼重)は、この菩提山に
本拠地をおき、近江と美濃の間に勢力を張っていた。
永禄元年(1558)竹中遠江守重元は、現在の揖斐郡
大野町にいたが、岩手弾正を攻略し、翌2年(1559)
ここに城を築き、現在大垣市の福田、長松と岩手附近
一帯を領し、6千石の領主となった。戦国時代の軍師
として知られていた竹中半兵衛重治公は重元の子で、
この城に住んでいたが、永禄7年(1565)には岐阜城を
攻略し。さらには天正7年(1579)播州三木(現在兵庫
県三木市)の陣中で病死し、この世を去った。










戻る