別所山砦跡


別所山砦跡

伊香郡余呉町大字池原

天正11年(1583)の賎ケ岳合戦において、別所山
は柴田勝家方の陣地として、七尾城主であった
前田利家と府中の城主であった前田利長父子が
僅か2ケ月余で砦を構築したところである。柴田
勝家の玄蕃尾城の本陣より、行市山頂を経て
別所山・中谷山・大池山・林谷山の各陣地は、
尾根を人馬によって駆け抜けられる道によって
結ばれた強力な陣地として構築された。しかし、
柴田方はこれら強固な陣に依って戦うことは
一度もなく、余呉湖畔で敗北する結果となった。






戻る