梅林寺文書


梅林寺

茨木市片桐町

梅林寺文書といわれる秀吉の書簡が残されている。
秀吉の書簡は、本能寺の変が起こった時、中川清秀
がその事態を当時高松陣中にあった秀吉に伝えたこと
に対する返書である。その内容は、「信長が難に遭う
ことなく無事である」旨が書かれている。織田信長の
生存をほのめかし、中川清秀が明智方につくのを
防ぐための秀吉の作戦の一つだったと考えられる。


戻る