安桜山城



関市

安桜山城(関城)の由来
関市の中心部にある安桜山は標高152mの陵線
のなだらかな山である。山頂には、永井藤左衛門
長弘が、享禄元年(1528)安桜山城(関城)を築い
たと伝えられている。その後は、城主は永井隼人
佐道利に移り、戦国時代に織田信長によって攻め
られた事はあまり知られていない。永井隼人は
中濃地区から東濃可児郡あたりまで勢力を持ち、
斉藤道三とは義弟にあたるので斉藤家が最も信頼
する武将で、信長との数度の合戦には総大将格で
出陣していた。永禄年間の中濃地方は、堂洞城
(現、美濃加茂市蜂屋)、加治田城(現、富加町
加治田)、安桜山城とが互いに同盟を結び、信長
の侵略に備えていた。永禄8年(1565)信長は中濃
に大軍を率いて、侵攻してきたが、加治田城主が
同盟を破り信長に通じたため堂洞城は孤立し遂に
落城した。永井隼人は智勇にすぐれた武将で神出
鬼没の迎撃戦の末撃退したりした。ついに中濃の要
であった安桜山城も三方から攻め寄せられ、これに
抗しきれず退去し、以来廃城となった。永禄10年(1567)
稲葉山城(岐阜城)が落城すると美濃一円は信長の
支配下になった。乱世にあって終始一貫節度を貫い
た永井隼人は戦国の武将として高く評価されている。









戻る