愛宕山城



桑名市矢田字城山

愛宕山城
戦国時代、愛宕山には地元の豪族である矢田氏
によって愛宕山城という城館が築かれていた。
庚申碑は明治以降に愛宕山に集められたが、
詳しいことは分かっていない。平成18年、愛宕山が
宅地開発されるにあたり、走井山公園へ移設された。






戻る