新居宿


新居関所


新居関所は今切の関所とも言い、慶長5年徳川家康
が新居の元屋敷に創設したが其後津波のため元禄
14年中屋敷に、宝永5年現在の所に移転しました。
敷地は方約一町西に大門があって明六つに開き
暮六つに閉じた。常備し武器は長柄十本弓及び鉄砲
各二十五挺手鉈取縄三ツ道具等があった。女鉄砲
手負死人及び首等は証文がなくては絶対に通さな
かった。始めは幕府の直轄であったが元禄15年吉田
城主に移管して明治維新に至った。今の建物は安政
2年の改築で、大正10年文部省から保護建造物に
指定されたが、昭和25年文化財保護委員会から史跡
年指定され、更に昭和30年8月特別史跡に指定された。



紀伊国屋


飯田武兵衛本陣跡


疋田八郎兵衛本陣跡



戻る