葵の紋


伊奈城

愛知県宝飯郡小坂井町(伊奈城跡公園)

「葵の紋」発祥ゆかりの地
伊奈本多家の「立葵」と徳川家の「三つ葉葵」、伊奈
本多家の家紋は「立葵の紋」で、これは「フタバアオイ
=二葉葵」という植物を紋章にしたものである。
この「フタバアオイ」は、京都の賀茂神社の神紋と
されていた。本多家の先祖の中務光秀が賀茂神社
の社職であったことから「立葵の紋」を本多家の家紋
としたといわれている。享禄2年(1529)岡崎城主・
松平清康(徳川家康の祖父)は、吉田城(豊田市)を
攻めた。当時の伊奈城主の本多正忠は、清康軍に
参加し、先陣をきって東門を破り、城を攻め落とした。
ついで清康は軍を田原城へ向かわせたが、城主の
戸田氏が降服したので、正忠は直ちに清康を招き
伊奈城に凱旋し、祝宴を開いた。この祝宴に、
正忠は城下の花ケ池にあった水葵の葉を敷いて
酒肴を出したところ、清康は大そう喜び、

立葵は正忠の家の紋なり、此度の戦に、
正忠最初に御方に参て、勝軍しつ、
吉例也、賜らんと仰ありて、
これより御家紋とはなされたり
藩翰譜(新井白石編)

この記述を裏付けるように、岡崎市の随念寺にの
こされている清康の肖像画(岡崎市指定文化財)
には、「立葵の紋」が描かれている。このように、
本多家から松平家の家紋となった「立葵の紋」が、
徳川家康の代に「三つ葉葵の紋」となったと伝
えられている。これが小坂井町が「葵の紋」
発祥ゆかりの地といわれる由縁である。







花ヶ池公園






戻る