安祥城址


                      
                              愛知県安城市安城町城堀

                                   安祥城址
                      室町時代中期の1440年和田親平の築城と推定され、
                      はじめ森城と呼ばれていました。三方を湿地にかこま
                      れた大地突端に位置し、北部接続部に濠を掘った中
                      世の本格的城郭(平山城)でした。
                      1471年ころ、松平信光が攻め取り、以後50余年間、
                      安城松平4代(親忠・長親・信忠・清康)の居城となり
                      ました。また、松平氏の本拠が岡崎城へ移ると、この
                      城をめぐって松平・今川氏と織田氏との間に、1540年
                      から10年の間に5度に及ぶ攻防戦がくりひろげられ
                      ました。

                                 浄土宗大乗寺
                      
                              愛知県安城市安城町城堀

                                八幡社
                      

                      文明11年(1479年)松平親忠がその父信光の命
                      を受け岡崎より来りて安祥城主となり、八幡宮を城中
                      に創建し鎮守の神と崇め奉る。歴代の城主皆尊崇厚く、
                      清康の子広忠の如きは祈って奇異の霊験を蒙り、
                      その子家康の危急を救済せられたと伝える。

                    

                    
二の丸跡に八幡社、安祥城攻防戦で活躍したという
                      善恵坊の碑や、亡くなった女性を葬った姫塚がある。

                                恵坊の碑

                      


                                   姫塚
                      

                                本多忠高墓碑
                      
                            愛知県安城市安城町城堀
                                 多忠高墓碑
                     1549年3月、今川・松平連合軍は、今川雪斎を将として
                     2万の大軍をもって、安祥城(城将織田信広)を攻撃しま
                     した。
                     松平方の主将本多忠高は城の防衛線を攻め破り、本丸
                     近くまで迫りましたが、ここで戦死しました。
                     この戦いを第4次安城合戦といいます。
                     この石碑は1797年本多忠顕(岡崎城主)が250回忌を営
                     み、忠高戦死の場所に建てたものです。

                           子・本多忠勝像
                      
                              
愛知県岡崎市・岡崎公園内



                                     戻る