阿野一里塚



豊明市阿野町

阿野一里塚
慶長9年(1604)2月家康が、永井白元、本田光重に
命じて街道の両側一里ごとに築かせたものである。
往時は東海道交通上の目安となっていたが、明治維新以後
次第にその価値を失った。今両塚が現存する例は珍しい。









戻る