安国寺恵瓊


安国寺恵瓊陣跡
安国寺恵瓊陣跡
岐阜県不破郡垂井町

安国寺恵瓊陣跡

安国寺恵瓊
安芸の守護武田氏の遺児といわれる。
武田氏滅亡後、安芸安国寺で出家。
1582年羽柴秀吉と毛利輝元の間を調印。
秀吉の「中国大返し」を支援し、
明智・斎藤氏を滅亡へ。
関ヶ原の戦いでは石田三成と共謀して
毛利輝元を西軍の総大将に引き込むことに成功。
合戦当日は、南宮山のふもとに陣を構えるが、
吉川広家の裏切りで動くことができず。
敗戦後、逃亡、京都に潜んでいる
ところを捕まり、六条河原で斬首。
安国寺恵瓊は、毛利秀元、吉川広家らと
同様傍観の立場だったが、六条河原で斬首。
明智・斎藤氏を滅亡させたからだろうか。



南宮大社
南宮大社
岐阜県不破郡垂井町
安国寺恵瓊陣跡は南宮大社の奥にある。     


戻る