赤坂宿


旅籠大橋屋


本陣・脇本陣以外の武士や庶民などの宿泊施設を
旅籠屋(はたごや)という。享保18年(1733)の赤坂宿
は、町裏を合わせて家数400軒のうち、83軒が旅籠屋
であった。大橋屋は、旧屋号を鯉屋といい、正徳6年
(1716)の建築といわれる。赤坂宿の旅籠屋の中では、
大旅籠に属し、間口9間、奥行23間ほどであった。入り
口の見世間、階段、二階の部屋は往事の様子を留める。






戻る